読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかたんかの日記 奈良時代のあふさか

2017/4/20 前回、「暁に鳴く鳥」と題して記しました。 今回は、「奈良時代のあふさか」と題して、記します。 ゆふつけ鳥を詠う最古の歌の3首は、作詠時点推計方法の限界で、同時期となっています。そのうちの2首に「あふさかのゆふつけ鳥」とあります。「あ…

わかたんかこれの日記 暁に鳴く鳥

2017/4/17 前回、「ほととぎすも をりはへてなく」と題して記しました。 今回は、「暁に鳴く鳥」と題して、記します。 推計した作詠時点から、和歌においては、「ゆふつけとり」表記の意味が10世紀前半新たに拡張したことを指摘しました。当然ながら、10世紀…

わかたんかこれの日記 ほととぎすも をりはへてなく

2017/4/7 前回、「ゆふつけ鳥は いつ鳴くか」と題して記しました。 今回は、「ほととぎすも をりはへてなく」と題して、記します。 推計した作詠時点から、和歌においては、「ゆふつけとり」表記の意味が10世紀前半新たに拡張したことを指摘しました。「なく…

わかたんかこれの日記 ゆふつけ鳥はいつなくか

2017/4/3 前回、「ゆふつけ鳥は 最初の200年に22首」と題して記しました。 今回は、「ゆふつけ鳥はいつなくか」と題して、記します。 作詠時点を推計したところ、「ゆふつけとり」表記の最古の歌は、『古今和歌集』にある3首でした。「ゆふつけ」とか「ゆふ…

わかたんかこれの日記 ゆふつけ鳥は最初の200年に22首

2017/3/31 前回、「禊するのは誰、たつたのやまはどこにある」と題して記しました。 今回は、「ゆふつけ鳥は 最初の200年に22首」と題して、記します。 和歌における「ゆふつけ鳥」という鳥を検討するため、「ゆふつけ」表記と「ゆふつくる」表記のある歌を…

わかたんかこれの日記 禊するのは誰 たつたのやまはどこにある

2017/3/29 禊するのは誰 たつたのやまはどこにある 今年は酉年ですが、酉ならぬ鳥、それも古の鶏の名称のことが気になっています。 「ゆふつけとり」です。『古今和歌集』のよみ人しらずの歌に登場したとき、戸惑いました。その歌は、 たがみそぎ ゆふつけ鳥…