わかたんかこれ  第3歌 仮名書きでは同じでも 

前回(2018/2/5)、 「第2歌とその類似歌は」と題して記しました。

今回、「第3歌 仮名書きでは同じでも」と題して、記します。(上村 朋)

. 『猿丸集』の第3 3-4-3歌とその類似歌

① 『猿丸集』の三番目の歌と、諸氏が指摘するその類似歌は、次の歌です(『新編国歌大観』より引用します。)

3-4-3 あだなりける人の、さすがにたのめつつつれなくのみありければ、うらみてよめる

   いでひとはことのみぞよき月くさのうつしごころはいろことにして

 

3-4-3歌の類似歌 1-1-711歌 題しらず    よみ人しらず

   いで人は事のみぞよき月草のうつし心はいろことにして

② 清濁抜きの平仮名表記をすると、まったく同じですが、詞書が、この歌3-4-3歌とその類似歌1-1-711歌とでは、異なります。

③ 二句と五句にある「こと」に関して、この歌3-4-3歌はともに平仮名で表現し、その類似歌1-1-711歌は「事」と「こと」とかきわけています。そのほかの語句もかき分けられているのがあります。

④ この二つの歌の検討結果のまとめは、下記8.に記します。

 

2.類似歌の検討その1 配列されている巻について

① 諸氏が既に現代語訳を示している類似歌を、先に検討します。

類似歌1-1-711歌は、『古今和歌集』巻第十四 恋歌四にある「題しらず よみ人しらず」の歌です。

巻第十四は、1-1-677歌の「題しらず よみ人しらず」の歌で始まり、1-1-746歌の同じく「題しらず よみ人しらず」の歌で終ります。恋が知れ渡った(巻第十三恋歌三)のち、次に逢うまでの苦しみや迷いを詠い、恋が立ち消えてしまった歌で終わっています。

② この1-1-711歌の前後の歌をみると、708歌から710歌は喩えにより作者より離れて行く人を詠い、711歌からの3首は言葉と本心の違いを詠っています。諸氏の現代語訳を参考とすると、そのように理解できます。

708歌から711(さらに713)歌までは、みな「題しらず よみ人しらず」の歌であり、『古今和歌集』の編纂者が、作者名を隠すため故意によみ人しらずとしていないとすれば、古い時代の歌より巻第十四の趣旨にあう歌を選び、編纂者はここに配置していると、見なせます。

 1-1-711歌の元資料も、諸氏の現代語訳のような、恋の歌である可能性がたかいのではないかと思います。

③ 小沢正夫氏と松田成穂氏は、巻第十四について、「巻十三に引き続いて「逢う恋」の歌で始まるが、ひとたび逢えば恋しさはますます激しくなる。そして、逢う機会の少ないのを嘆き、・・・最後は、再会を誓う形見を主題とした歌で終るが、中ごろに、心変わりや離別を悲しむ歌が出るのは、配列の混乱といえよう」と解説しています(『新編日本古典文学全集11 古今和歌集』の頭注より)。

 久曾神氏は、「(五巻の)恋歌は恋愛の過程に従って約五十項に類別しているようであるが、明確に断定しがたい」と解説しています(講談社学術文庫古今和歌集』)。 

 いずれにしても、1-1-711歌は、次に逢うまでの間に詠まれた歌としての理解でよいようですが、詠みだす事情は、元資料にもなかったのか、編纂者の意図なのかわかりませんが、詞書には記されず、「題しらず」となっています。

3.類似歌の検討その2 歌の「こと」と「うつしごころ」 

① 三代集の時代、和歌は清濁抜きの平仮名で表現されたものと言われています。それを、諸氏は、底本を校訂し、読解の便をはかるため、詞書と歌本文を適宜、仮名書きの語を漢字にあるいは漢字表記の語を仮名書きにするなどして示し、校注・訳をしています。

 この歌(1-1-711)でいうと、二句にある「事」は、「こと」とか「言」と示されていたりします。また、五句にある「こと」はまた別の意味であると諸氏は理解しています。四句の「うつし心」も「うつしごころ」と示したりしています。

和歌においては、ひとつの語句に、(和歌の内容を豊かにする)同音異議の語句が用いられるのはよくあることですので、 それの有無をも検討対象となります。

② 諸氏による1-1-711歌の訳例を示す前に、三句にある「月草」について説明します。月草は、今の露草(即ち螢草)を言っています。その花で摺って染めた色は移りやすい(変わりやすい)。月草で摺った藍色は水に落ちやすいという理解が当時の作者たちにあります。『萬葉集』等の例をのちほど示します。

 

・「いやもう、人は調子がいいのは言葉だけだよ。月草で染めたように、心は移りやすく表面と本心とは違うのです。」(『新編日本古典文学全集11 古今和歌集』。)

この訳例は、二句の表現を「言のみぞよき」としている歌として示したうえ、四句の「うつし心」は、「移りやすい心」(移し心)と「本心」(現し心)の二つの意を掛けていると理解しての訳となっています。五句の「こと」は、「違う(「異」)」と理解しています。以下、この訳例を第一の訳ということとします。

 

・「いやもう、あなたはお口だけがりっぱであるよ。(月草で染めたものがすぐ色がかわるように)移り気は格別であって。」(久曾神氏。)

この訳例は、二句の表現を「ことのみぞよき」としている歌として示したうえ、四句の「うつし心」は、「移し心」とのみ理解しての訳となっています。五句の「こと」は、「格別(「殊(に)」)と理解しています。以下、この訳例を第二の訳ということとします。

この二つの訳は、二句の「こと」を、「言」(貴方が口にする言葉)と理解した現代語訳です。しかし五句の「こと」の意は異なっています。

③ 今引用している『新編国歌大観』では、最初に示したように、二句を「事のみぞよき」としています。

「事」は、「言」と同源だそうですが、

「世の中に起こる事がらや現象」

「(政務、仕事、また行事などを含んで)人のするわざ、動作、ふるまい」

「一大事・変事・事故」等

の意があります(『例解古語辞典』より)。

『新編国歌大観』記載の『古今和歌集』の底本の作成者が「ひらかな」の和歌表現で「こと」とあるところを「事」と記しているので、『古今和歌集』の編纂者の意図に忠実に現代語訳を試みるには、作者が「事」の意で、この歌を詠った可能性も考慮しなければなりません。また、「事」の意であったとしても、第一の訳や第二の訳のように訳せるかどうか、確認を要します。作者が、二句の「事」に「言」を掛けているかも確認を要します。

④ 「事」の意味別でこの歌の初句と二句の理解を試みます。

 二句の「事のみぞよき」の「事」が、「世の中の云々」の意では、初句と二句をひとつの文章として理解するのが困難です。

「人のするわざ、動作、ふるまい」の意に、「事」を理解すると、初句と二句は「(人は誰でも、)そのふるまいのみは良い」あるいは「(凡そ人たるもの)そのふるまいのみが判断基準によい」という意味になるかと思われます。そのふるまいの代表的な例である「言」(貴方が口にする言葉)を用いて「事」を現代語訳することは、前後の(詞書を含めた)文脈から可能となるでしょう。しかし、その文脈でそのように限定しないで詠っている歌という可能性を否定しきれません。

 また、「一大事・変事・事故」の意と理解すると、二句は「(人は誰でも)一大事のみが良い」あるいは「(凡そ人たるもの)一大事の時のみがその人の評価によい」という意味になるかと思われます。これは、初句と二句にまたがる一つの文章として意味が通ります。

このため、『新編国歌大観』の文字使いの和歌を現代語訳する際、「事」を、素直に理解して「言」の意ではなく、「事」の意で無理がないか、また、これに付随して五句の「こと」が「異」とかの一義になるのか、の検討を試みることとし、第一の訳や第二の訳との比較をすることとします。

④ なお、「事にす」という連語があり、『例解古語辞典』には、「これでよしとする。それで満足する。また、えらいことを考える」と、説明し、十三世紀前半成立の宇治拾遺物語3・6の例をあげています。

⑤ もう一語、検討を要する詞があります。四句にある「うつし心」です。上記の第一の訳にみられるように「うつし心」には、「移し心」と「現し心」の意があります。その意味するところはだいぶ違います。

 「移し心」は、名詞「移し」+名詞「心」として成り立ちます。

 名詞の「移し」は、『例解古語辞典』には、

aよいかおりをほかの物に移すこと。また移したかおり。

b草木の花の色を紙や布にしみこませておき、必要の際すぐに衣を染められるようにしてあるもの。

c移し馬の略等

とあります。

 これによれば、「うつし心」とは、

 Aかおりをほかにうつす心、

 Bほかのものにすぐ移せるこころ、

という理解になります。

 四句にある「うつし心」は、第一の訳では「心は移りやすく」、第二の訳では「(月草で染めたものがすぐ色がかわるように)移り気」となっていますので、Bの意であり、「注目あるいは興味をほかに移せるとか移っていったこころ」の意とみることができます。

 「現つ心」は、形容詞「現(うつ)し・顕(うつ)し」の語幹+名詞「心」として成り立ちます。

 形容詞「現(うつ)し・顕(うつ)し」は、『例解古語辞典』には、上代語であって、

 a生きている。この世にある。

 b気が確かである。

とあり、 「現し心」も立項しており、

 cはっきりした意識をもっていること。正気。

 d本心。

とあります。

 そうすると、この1-1-711歌のように、平仮名で表現されている和歌に現れる「うつしこころ」は、この歌が詠われた頃、「移し心」(すなわち「注目あるいは興味をほかに移せるとか移っていったこころ」)と「現つ心」(正気とか本心)の意味の使い分けはどのようにされているのか、用例から演繹できるならば確認をしたいと思います。

 

4.類似歌の検討その3 「うつし心」などの先行例等

① 「うつし心」は1-1-711歌の先例があります。

今検討している歌1-1-711歌は、『古今和歌集』記載の歌であるので、「うつし心」という語句の先例と並行例の確認のため、『萬葉集』と三代集と三代集の成ったころ成立したと思われる歌集を対象とします。

② 『新編国歌大観』の『萬葉集』は、西本願寺本を底本に校訂を加え、西本願寺本による訓と現代の万葉学の立場で発刊当時における最も妥当と思われる新訓を示しています。この二つの訓を確認することとします。(西本願寺本による訓は、仙覚の新点ですので、三代集の成立ころの訓であると言いきれないのですが、当時の訓の確認が間に合いません。)

清濁抜きの平仮名表記で「うつしこころ」という語句のある歌は、次の表のようでありました。

 

表 『萬葉集』における「うつしこころ」表記の歌(『新編国歌大観』による)(2018/2/11現在)

歌番号等

西本願寺本による訓

現代の訓

万葉仮名

2-1-1347イ

うつしごころや

(くれなゐの)うつしごころや(いもにあはずあらむ)

事痛者 左右将為乎 紅之 写心哉 於妹不相将有

2-1-2380

うつしごころも

(ますらをの)うつしごころも(われはなし)

健男 現心 吾無 夜昼不云 恋渡

2-1-2802

しまごころにや

(たまのをの)うつしごころや(としつきの)

玉緒之 嶋意哉 年月乃 行易及 妹尓不逢将有

2-1-2972

うつしごころも

(うつせみの)うつしごころも(われはなし)

虚蝉之 宇都思情毛 吾者無 妹乎不相見而 年之経去者

2-1-3072

うつしごころは

(つきくさの)うつろふこころ(わがおもはなく)

内日刺 宮庭有跡 鴨頭草 移情 吾思名国

2-1-3073

うつしごころは

(つきくさの)うつろふこころ(われもためやも)

百尓千尓 人者雖言 月草之 移情 吾将持八方

2-1-3225

うつしこころや

(たまのをの)うつしこころや(やそかかけ)

玉緒之 徒心哉 八十梶懸 水手出年船尓 後而将居

 

注1)歌番号等は、『新編国歌大観』の巻数―当該巻における歌集番号―当該歌集における歌番号。

2)「うつし心」表記相当の万葉仮名部分の現代語訳(試案)は、次のとおり。

2-1-1347イ歌:写心:「現し心」(紅の花のようなしっかりした心)

2-1-2380歌:現心:「現し心」(ますらおの覚めた心)

2-1-2802歌:嶋意:当時の木簡の例より嶋は寫の誤字か。:「現し心」(正気のこころ)

2-1-2972歌:宇都思情:「現し心」(世間でよくある分別ある心)

2-1-3072歌:(鴨頭草)移情:「移し心」(変わりやすいこころ、または変ってゆくこころ)

2-1-3073歌:(月草之)移情:「移し心」(変わりやすいこころ、または変ってゆくこころ)

2-1-3225歌:徒心:「現し心」(正常な判断力を保っている心・平常心)

 

③ 表にあるように、現代の訓で「うつしごころ」に該当する万葉仮名には、「移情」がありません。「移情」は「うつろふこころ」という訓になっています。それに該当する二つの歌では、「鴨頭草 移情」、「月草之 移情」と、「つきくさの」と形容されています。

この二つの歌は、西本願寺本の訓では、「うつしごころ」という訓になっています。

西本願寺本の訓が、三代集成立の頃『萬葉集』の訓とおなじかどうかは未確認ですが、「つきくさ」のイメージに「それから作る染料で摺ったものはすぐおちる」ことも付いて回っているので、『萬葉集』から推測すると、「つきくさのうつしごころ」という表現のみが、三代集成立の頃は「月草の移し心」の意である可能性が高い、といえます。

「月草の移し心」とは、上記3.⑤で示した「移し心」(すなわち「注目あるいは興味をほかに移せるとか移っていったこころ」)と重なり、 その意は、前後の語句にもよりますが、概略「月草で染めた色がすぐ褪めてゆくようにすぐ変わってゆく(あるいは変わった)心」です。

④ 次に、『新編国歌大観』の三代集をみると、「うつしこころ」表記の歌は、1首しかありません。即ち、この1-1-711歌です。三代集成立頃に詠まれた可能性があるのは実質1首ということになりますが、この歌も編纂者が匿名にしたのではなく、本当に「よみ人しらず」の時代の歌であるとすれば、より萬葉の時代に近い歌ということになります。

ちなみに、「つきくさ」表記の歌は、3首あります。そのうちの1首が「つきくさのうつし心」とある1-1-711歌です。残りの2首は次の歌ですが、ともに『萬葉集』の2-1-1355歌という古歌の引用といえます。この2-1-1355歌は、『人丸集』にもあります(3-1-28歌)。

1-1-247歌 題しらず(245~248

   月草に衣はすらむあさつゆにぬれてののちはうつろひぬとも

1-3-474歌 題しらず

  月草に衣はすらんあさつゆにぬれてののちはうつろひぬとも

現代語訳は、「露草の花で衣を摺って染めよう。たとえ、朝露にぬれた後には、はかなく色褪せるとも」(小町谷照彦氏訳。将来あなたは心変わりするかもしれないが今はともかく結婚しよう、と詠う)

(参考)2-1-1355歌 つきくさに ころもはすらむ あさつゆに ぬれてののちは うつろひぬとも

3-1-28歌   つきくさに衣はすらんあさ露にぬれてののちはうつろひぬとも

 

1-1-247歌等の初句の「月草に」とは、「月草の移し心」の意に通じる使い方です。

 

⑤ 三代集以外の三代集の時代に成立したという歌集として、『新編国歌大観』第3巻の歌集番号1~99番の歌集をみてみると、「うつしこころ」表記の歌は、『猿丸集』の3-4-3歌を含めて8首あります。

『人丸集』 3-1-192歌 (詞書なし) 

ますらをのうつし心もわれはなしよるひるわかずこひしわたれば

『猿丸集』 3-4-3歌 詞書と歌は上記のとおり。

『敦忠集』 3-18-107歌 宮

   たのみつつとし月くさにへにければうつしごころにうたがはれける

『敦忠集』 3-18-108歌 かへし

   君をおきてわれはたれにかつきくさのうつしごころのいろもかはらむ

馬内侍集』 3-62-95歌 人をかたらひて、あふをりあはぬときありしかば、あふぎのはなしてそそきたるに、かきておこせたりし

   つき草のうつし心やいかならんむらむらしくもなりかへるかな

和泉式部集』 3-73-430歌 うへのきぬをはりきりて、いとをしき事いひて

   つゆくさにそめぬ衣のいかなればうつし心をなくなしつらん

『公任集』 3-80-385歌 かげまさが露草のうつしきこえたりける、やりたまふとて

   朝夕につねならぬよを難くまにうつし心もなくなりにけり

『入道右大臣集』 3-87-40歌 中宮御方裁菊夜

   きくのはなこころにそめてわすれめやうつしごころのあらんかぎりは

 このうち、『入道右大臣集』は、藤原頼宗の歌集です。頼宗は藤原道長の次男で康平8年(1065)歿、『後拾遺和歌集』以下に42首入集しています。

⑥ この8首の「うつしこころ」表記の意が、「現し心」であるか又は「移し心」であるかを検討すると次の表の通りです。

「つきくさの うつしこころ」と清濁抜きの平仮名表記できる歌は、3-4-3歌と3-18-108歌と3-62-95歌の3首だけです。

 3-4-3歌は今検討対象なので、後ほどの検討とします。

3-18-108歌は、「うつしごころの『いろ』」と詠っています。またこの歌は3-8-107歌の返しの歌ですので、「うつしごころ」は「移し心」の意と思われます。

 3-62-95歌は、作者は逢う約束を破られているので、「移し心」をなじって詠っています。

 なお、三代集には、動詞「うつろふ」を用いた歌が50数首ありますが、「こころ」を直接修飾しているのは

1-2-1156歌の一首です。

 結局8首のうち、4首が「現し心」の意でした。すべて「つきくさの」という形容をされていません。「つきくさの」と形容された歌(表中の*印の歌)は、3首あり、検討保留にしている3-4-3歌を除く2首は、「移し心」の意でした。

 

表 私歌集における「うつしごころ」の意別内訳(3-1~3-99を対象とする)(2018/2/11現在)

検討保留

「現し心」の意

「移し心」の意

「現し心」と「移し心」を掛ける

「現し(心)」と「うつし」を掛ける

「現し心」の現代語訳(試案)

 

3-1-192

 

 

 

正常な判断力を保っている心

*3-4-3

 

 

 

 

 保留

 

 

3-8-107

 

 

<対象外>

 

 

*3-8-108

 

 

<対象外>

 

 

*3-62-95

 

 

<対象外>

 

3-73-430

 

 

 

本心

 

 

 

 

3-80-385

正気

 

3-87-40

 

 

 

本心

注1)番号は、『新編国歌大観』の巻番号―当該巻の歌集番号―当該歌集での歌番号

2)歌番号に「*」のあるのは、「つきくさの うつしこころ」と清濁抜きで平仮名表記できる歌

注3)「うつし」とは、草木の花の色を紙や布にしみこませておき、必要の際すぐに衣を染められるようにしてあるもののうち、露草(月草)(によるところ)のうつし、を言う。

 

⑦ 三代集の時代の「つきくさ」表記の歌も念のため確認しますと、『新編国歌大観』第3巻の歌集番号1~99集のなかに、上記にあげた3首のほかに4首あります。

 

『人丸集』 3-1-24歌 (詞書なし)

   つき草に衣ぞそむる君がため色どり衣すらんと思ひて

 「つき草」は染料であり、染めてもすぐ褪せるが、色どりの美しい衣をつくるために、と詠っています。本気で色どり衣を作ろうとしているのですかと疑いたくなりますが、褪める色は何回でも染め直すように、貴方に何回もアプローチします、という恋の歌と理解しました。

 

『人丸集』 3-1-28歌  (詞書なし)

   月草に衣はすらんあさ露にぬれてののちはうつろひぬとも

 「月草」は染料であり、染めてもすぐ褪せるので、気が変わることの比喩となっています。

 

和泉式部続集』 3-74-248歌  あじきなき事のみでくれば、人の返事たへてせぬに、いかなればかかるをといひたるに

   つきくさのかりにたつなのをしければただそのこまを今はのがふぞ

 「つきくさ」は染料であり、染めてもすぐ褪せるので、噂がすぐ消えた(としても)、を引き出しています。

 

能因法師集』 3-85-123歌 東国風俗五首(123~127

   つきくさにころもはそめよみやこ人いもをこひつついやかへるがに

 「つきくさ」は、染料であり、染めてもすぐ褪せるので、染めた衣を見る度に「移し心」という言葉を思い出し都に居る妻を気遣う気持がたかまるであろうと、この歌は詠っています。

 

 このように、「つきくさ」表記は、染めてもすぐ褪せる染料、という特徴を歌に用いているといえます。

⑧ 『萬葉集』と三代集と三代集と並行して成立したと思われる歌集の歌の検討をまとめると、つぎのとおりです。

・歌に、「つきくさのうつしこころ」表記とある場合は、「移し心」である。

・単に「うつしこころ」とある歌では、「現し心」である。

1-1-711歌は、「つきくさのうつしこころ」であり、「移し心」の意の可能性が高い。

・掛詞として歌にあるのは、「うつし」と「現し心」の1例である。「移し心」と「現つ心」とを掛けている可能性が残っているのは、検討保留としている1-1-711歌である。つまり、掛詞として用いているのは例外である。

 なお、ここまでの検討におけるつきくさ(月草)は、当然植物のツユクサを意味しているところですが、襲の色目の名前でもあり、表がはなだ色(薄い藍色)で裏が薄はなだ色の色目のことを指す場合も和歌によってはあり得ます。

 

5.類似歌の現代語訳を試みると

① 以上の検討を踏まえて、『新編国歌大観』に記された3-4-3歌の類似歌1-1-711歌の現代語訳を、試みます。

 歌は、つぎのような表現でありました。

   いで人は事のみぞよき月草のうつし心はいろことにして

② 1-1-711歌が、『古今和歌集』巻第十四恋歌四にある歌であることに留意し、主要な語句の意味は、つぎの通りとします。

・二句の「事」は、「(政務、仕事、また行事などを含んで)人のするわざ、動作、ふるまい」あるいは「一大事・変事・事故」、の意とします。

・三句~四句の「月草のうつし心」は、「「月草からの染料のような移し心」(ほかのものにすぐ移せるこころ、

あるいは移したこころ)の意とします。

・五句の「こと」は、いまのところ未確定で、「事」、「言」、「異」、「殊」などを検討します。

③ 五句の「いろ」も、いまのところ未確定です。名詞「色」として、いくつかの意味があります。『例解古語辞典』には、

・色彩

・美しさ。華美。

・豊かな心情。情趣。

・恋愛・情事。

・種類・品。

・顔色・態度等

とあります。

④ 五句の「いろことにして」の「いろ」を、「移し心の(人が、今関心を寄せている)色(色彩)」と仮定すると、「こと」は「異」がふさわしい。「貴方の月草からの染料のような移し心の現在の色は、前と異なって(別になって)しまっている」、の意となります。

 この場合、初句と二句に示された作者の感慨が、作者と相手の間に既に溝ができていることを示しているとすれば、色が別になったこと(関心がほかの女性に移ったこと、作者を離れたこと)を歌の中で繰り返し指摘していることになります。

⑤ 五句の「いろことにして」の「いろ」を、「移し心(の人)の色(恋愛・情事)」と仮定すると、「こと」は「殊」がふさわしい。「貴方の月草からの染料のような移し心を持っている人の恋愛は特別であって、奔放ですね」、の意となります。

 この場合、初句と二句に示された作者の感慨に重ねて、五句は「以前にもあったが、今回もまた」という理解になります。

⑥ 五句の「いろことにして」の「いろ」を、「移し心の(人の)色(顔色・態度)」と仮定すると、「こと」は「殊」がふさわしい。「貴方の月草からの染料のような移し心を持っている人の態度は別格なのだな」、の意となります。

 この場合、初句と二句に示された作者の感慨が、「事」による感慨なので、下句でその「事」を繰り返し指摘していることになります。

⑦ このため、繰り返しをする必要はないとすれば、この歌の「いろことにして」の「いろ」は、「移し心(の人)の色(恋愛・情事)」と理解するのが妥当ではないかと思います。また、「うつし心」は掛詞になっていません。

⑧ なお、初句にある「人」は、男を指す場合が三代集でも多いので、この歌は女の立場から詠んだ歌であろう、と思います。恋愛関係の歌ですので、男の立場からの歌との理解もあり得ます。

⑧ このような検討の結果、現代語訳(試案)は、つぎのようになります。

・二句の「事」を「(政務、仕事、また行事などを含んで)人のするわざ、動作、ふるまい」と理解した場合

「(そういうものだと聞かされてはいましたが)いやもう、男の人は本当に見かけのふるまいだけはご立派にされて。月草からの染料のような移し心を持っている人の恋愛は勝手であって、奔放ですね」(私のように愛想をつかされないように注意しなさい)」、の意となります。

・二句の「事」を「一大事・変事・事故」と理解した場合

 三句以降の現代語訳(試案)が上記になると、「事」を「一大事・変事・事故」と理解した「(凡そ人たるもの)一大事の時のみがその人の評価によい」では、今回例外的に生じた「うつし心」で男を評価するかになり、「月草の」という比喩が無駄になっています。今日まで、ちょくちょく作者から離れては戻る(あるいは許しを乞い)のが、作者からみた「うつし心」の持ち主であったのではないでしょうか。

 

⑨ 先に引用した第一の訳と第二の訳もそうですが、二句の「こと」を「事」と理解した上記の現代語訳(試案)も不自然な訳ではありません。このように理解できる1-1-711歌は、結局、いま親密にしている男が、自分と交際しつつ他の女性との交際はともかく(当時は天皇はじめ貴族は一夫多妻が普通です)自分をないがしろにしていることを非難あるいは嘆いているあるいは突き放しているかの歌と理解できる、ということです。

 初句~二句は、相手を「ひと」と一般化して批判をし、やんわりと相手の不実を責め立てているのがこの歌である、と思います。

⑩ 三代集の時代、和歌は清濁抜きの平仮名で書いていたと言います。この歌を送りつけられた男は、この歌の作者に対する自分のふるまいを顧みて二句の「こと」を、「事」か「言」のどちらかに理解したと思います。男として当然返しの歌を届けたはずですが、どのように返歌したのか、『古今和歌集』は割愛しています。

三者の立場で鑑賞する場合は、鑑賞者の様々な理解でよいのであり、「こと」を「言」とも「事」とも理解するのは妥当であると思います。

 

6.3-4-3歌の詞書の検討

① このように類似歌1-1-711歌を理解して、3-4-3歌を検討します。まず、詞書の「あだなりける人の、さすがにたのめつつつれなくのみありければ、うらみてよめる」を検討します。

② 「あだなりけるひと」とは、はかなくこころもとないと思っていた男、の意です。助動詞「けり」には、詠嘆をこめて回想する意があります。

③ 「さすがに」とは、形容動詞「さすが(なり)」の連用形です。その意は、「そうでもないようす」となります。

どの語句を形容しているかというと、「ありければ」ではないでしょうか。

 「さすがに」を、副詞と理解すると、その意味は、『例解古語辞典』には、「そうはいってもやはりさすがに」であり、上代の「しかすがに」、中世には「さすが」ともなったと解説しています。

もうひとつ、この語句は、動詞「さす」の終止形+接続助詞「がに」と分解できますので、その確認をします。

動詞「さす」はいくつかの意があります。漢字で示すと、「差す・指す」(指名する・めざす・差し出す)、「(水などを)注す」、「(戦場で旗などを)挿す」、「刺す」(縫いつける)、「(光などが)射す」、「(火を)点す」などです。四段活用の動詞なのでその終止形と連体形が「さす」です。

 接続助詞「がに」は、「・・・する(してしまう)ほどに、あるいは・・・し(てしまいそうに、という気持」を表して、あとの用言を修飾する語です。そのため、後段の文章とのつながりからはこの理解は難しくなりました。

 

④ 「・・・ありければ」とは、・・・+動詞「有り」の連用形+助動詞「けり」の已然形+助詞「ば」と分解できます。

 動詞「あり」とは、ここでは「時が経過する」、の意で、助動詞「けり」には、詠嘆をこめて回想する意があります。そのため、「・・・ありければ」は、「・・・という状況のままであったということに思い当たり」というほどの意となります。

助詞「ば」は、あとに述べる事がらの起こるまたはそうなると考えられる、その理由原因を表わす接続語です。

⑤ 「うらみてよめる」とは、名詞「裏」+動詞「見る」の連用形+接続助詞「て」+動詞「詠む」+完了の助動詞「り」の連体形+省略された名詞「歌」、と分解できます。

「見る」とは、ここでは「思う・解釈する」とか、「見定める・見計らう」、の意です。

 「裏」とは、「内部・奥」とか「裏面・内側」などをも指すことばです。

「うらみてよめる」とは、ここでは、相手の今までの交際その他を(よくよく)考え合わせた結果、詠んだ歌、という意となります。

 「うらみてよめる」を、「恨みて詠める」の意とすると、「さすがに」の語句が、この文章で浮きます。また、わざわざ詞書で断らなくても、1-1-711歌の第一の訳をこの3-4-3歌の訳ともみなせますので、なぜわざわざ詞書に付け加えているのかが疑問です。

⑥ 以上の検討を踏まえた、3-4-3歌の詞書の現代語訳(試案)は、つぎのとおりです。

「心許ないと思っていた人が、そうでもないのではないか、私には頼みになるように思わせながら素っ気ない態度ばかりとっていたと見えていたが、と思いなおし、よくよく相手の気持ちを見定めたので、詠んだ(歌) 」

⑦ 「人」という語句は、この『猿丸集』の詞書には、9首にあります。この3-4-3歌でも詞書全体の文章から推理すると男を指していると思えますが、残りの8首も、検討すると「男」を指して「人」と言っていると理解できますので、この歌も「男」を指しているとの理解が妥当であると思います。

 この歌は、女の立場で詠んだ歌と言えます。

7.3-4-3歌の現代語訳の試み

① 詞書に留意して現代語訳を試みます。

 詞書は、相手の男のいままでの作者に対する接し方、態度への理解の反省をし、この際よくよく考えてみた、と言っているので、初句から二句の男に関する一般論の「こと」は「事」です。

 個別論としての下句において、「いろ」は、「あだなりける人」が作者に対する態度を指していると理解できますので実質は「事」を「いろ」と言っているのではないでしょうか。

② 五句の「いろことにして」の「いろ」は、だから「移し心の(人の)色(顔色・態度)」の意であり、五句の「こと」は「殊」がふさわしい。「月草からの染料のような移し心を持っている(あなたであるけれども)その態度は別格なのだな」、の意となります。

 初句と二句に示された作者の感慨が、「事」による感慨なので、下句で繰り返し指摘していることになりますが、一般論の感慨に対して、個別論での感慨を詠んでいます。

③ 三句~四句の「月くさのうつしごころ」は、作者の相手の男を指しています。

④ 3-4-3歌の現代語訳を試みると、次のとおりです。

「いやもう、男の方は本当にすること為すことがご立派でありますね。月草で染めたものがすぐ色の褪めるように変る移し心をお持ちであっても。そのように思っていたあなたのふるまいは、特別でしたね(移し心を持っていても貴方は別格でした。あなたを信じています)。

⑤ この歌は、一般論を述べ、相手の男は色々あったがその基準をクリアする方であった、と詠っているとも理解できます。

 

8.この歌と類似歌との違い

この歌3-4-3歌とその類似歌1-1-711歌は、清濁ぬきの平仮名表記をすると全く同じですが、次のように違いのあることが分かりました。

① 詞書の内容が違います。この歌3-4-3歌は、この歌を相手に送る具体の事情を示し、 類似歌1-1-711歌は「題しらずで」で、細かい作詠事情が不明です。

② 五句の「いろ」の意が違います。この歌は、「特定の「移し心の(人の)色(顔色・態度)」の意であり、二句にある「こと」全体を言っており、類似歌は、「特定の人の「移し心(の人)の色(恋愛・情事)」の意であり、二句にある「こと」に該当する事例を指しています。

この歌では、初句と二句に示された作者の感慨が、男が普通に行う「事」に関するものであり、下句では移し心の持ち主である相手の男性の「事」の具体的な場合の評価をし、相手の男性を高く評価していると詠っています。

類似歌では、相手の男性を突き放しています。

③ この結果、この歌3-4-3歌は、相手の気遣いや愛情に感謝していることを相手に伝え、類似歌1-1-711歌は相手の不誠実なことを責めているか揶揄しています。類似歌の現代語訳が、第一の訳、第二の訳、または現代語訳(試案)のどれにおいても(1-1-711歌での二句の「こと」の意が、「言」であっても「事」であっても)、この二つの歌は同じことを詠っていません。

④ この歌3-4-3は、類似歌1-1-711歌と清濁抜きの平仮名表記では全く同じですので、3-4-3歌の理解は、『古今和歌集』にもし記載されていないのであれば1-1-711歌本文の理解としてはあり得ることです。

しかしながら、1-1-711歌は、『古今和歌集』第十四にある恋歌です。第十四の配列のなかで理解しなければなりません。別の言い方をすると、記載されている歌集とその歌の詞書により、歌本文の趣旨の限定が行われています。このため、3-4-3歌のこの現代語訳(試案)は、1-1-711歌の現代語訳にはなり得ません。次に逢うまでの煩悶を詠う巻第十四に、長年親しくしていた人との間の事を詠うこの3-4-3歌をおくことはできません。この二つの歌は、前回記したように、「趣旨が違う歌」であります。

⑤ さて、『猿丸集』の次の歌は、つぎのような歌です。

3-4-4   ものおもひけるをり、ほととぎすのいたくなくをききてよめる 

      ほととぎす啼くらむさとにいできしがしかなくこゑをきけばくるしも

 

3-4-4 歌の類似歌 2-1-1471:弓削皇子御歌一首」  巻第八のうち夏雑歌にある。

     ほととぎす なかるくににも ゆきてしか そのなくこゑを きけばくるしも 

 

 この二つの歌も、趣旨が違う歌です。

⑦ ご覧いただきありがとうございます。

次回は、上記の歌を中心に記します。 2018/2/19   上村 朋)

付記1.3-62-95歌の現代語訳(試案)について

① むらむら:副詞。叢叢・斑斑。:ここかしこ。群がっているさま。名詞「むらむらしさ」は、心が定まらず、むらがあること。

② 詞書の現代語訳(試案):ある人と親しくなり、逢う約束のあったその日、訪れてこなかったときがあった。そのとき、扇をばらばらにして、けばだったそのひとつに書きつけてもたせた(歌)

③ 現代語訳(試案):月草で染まったような移し心のあなたは、どうなるのでしょう。(このように)ほつれ乱れてしまう状態になり果ててしまうのですね。

付記2.3-80-385歌の現代語訳の例について

① 『新日本古典大系28 平安私家集』の『公任集』(後藤祥子校注)より引用すると次のとおり。

② 詞書の現代語訳:藤原景斉が露草のうつしを公任に無心したとき、露草のうつしを渡すとて(詠んだ歌)

③ 露草のうつしとは、月草の花弁の青い汁を紙に吸わせたもの。景斉は『小右記』によれば小野宮家に親しい家司層の男か。

④ 歌意:「朝晩、無常を嘆いている間に、私は正気もなくなってしまったよ(うつしの貯えもなくしてしまったので、そんなに多くあげられませんよ)」

⑤ 「うつし」は、「移し」と「露草のうつし」を掛けている。

付記3.3-85-123歌について

① 能因が東国の風俗に触れて詠った歌と題した5首のうち最初の一首が3-85-123歌です。124歌以後は、御坂路など東国の地名・習俗が詠み込まれていますが、この123歌にはなく、反語としてなのか「みやこ人」の語句があります。

2018/2/19の付記を終る。2018/2/19  上村朋)

わかたんかそれ 豪雪

先日、23夜か24夜の月が東の方向にみえました。日の出の大部前です。良い天気になりそうです。上村朋です。

 空が白みはじめると、星は消えてゆきます。勿論月のまわりに星がみえません。宵の明星が消え残っていますが、なにしろ空に見えるもののなかで月は一番大きいので、皓皓と輝いているといえます。「初月」をまだみていません。

平晶五輪、1500mで高木選手が銀メダルをとりました。0.2秒差の銀です。インタビューで悔しさを口にしていました。また感謝もしていました。拍手し声を掛けたい気持ちです。強風でジャンプが休み休み進行しています。その気象が、国内あちこちを豪雪で閉じ込めています。

降り続いている地域のみなさま、交通と物流が大変滞っている地域のみなさま、お体お大事に。

2018/2/12 上村 朋)

わかたんかこれ  猿丸集第2歌とその類似歌は

前回(2018/1/29)、 「第1歌と類似歌」と題して記しました。

今回、「第2歌とその類似歌は」と題して、記します。(上村 朋)

 

. 『猿丸集』の第2 3-4-2歌とその類似歌

① 『猿丸集』の二番目の歌と、諸氏が指摘するその類似歌は次の歌です。(『新編国歌大観』より引用します。)

3-4-2 

<詞書なし>

   から人のころもそむてふむらさきのこころにしみておもほゆるかな

 3-4-2歌の類似歌

2-1-572歌 大宰師大伴卿(だざいのそちおほとものまへつきみ)、大納言に任(まけ)らへ、京に入らんとする時に、府の官人(つかさびと)ら、卿を筑前国(つくしのみちのくに)の蘆城(あしき)の駅家(うまや)に餞(うまのはなむけ)する歌四首(571~574 ) 

からひとの ころもそむといふ むらさきの こころにしみて おもほゆるかも 

    二首(572&573) 大典麻田連陽春

② 3-4-2歌は、古今和歌集』の記載のルールに従えば、3-4-1歌の詞書がかかる歌です。後に記すような理由からも、3-4-1歌の詞書がかかる歌となっています。

なお、3-4-1歌の詞書はつぎのとおりです。

あひしりたるける人の、ものよりきてすげにふみをさしてこれはいかがみるといひたりけるによめる」

 

2.類似歌の検討その1 詞書

① 3-4-2歌とその類似歌の趣旨は、異なっていることが予想されていますので、諸氏が既に現代語訳を示している類似歌を先に検討します。

② 類似歌2-1-572歌は、『萬葉集』巻第四「相聞」にある歌です。その詞書について、諸氏の説を参考に現代語訳(試案)すると、次のとおりです。

 「大宰師である大伴旅人卿が、大納言に任ぜられ、(天平2年(730年)12大宰府を発ち、都に上ろうと)帰京の途についた時に、大宰府の官人らが、卿のためを筑前国の蘆城(あしき)の駅家において催した送別の宴で披露した歌(から)四首(を記載する)。

 この歌は、四首のうちの三番目の歌です。

③ 大伴宿祢旅人は、神亀元年(724)正三位、同4年頃太宰師となり筑紫に向かいます。天平2(730)10月大納言を命じられ年末に帰京します。翌年正月従二位となり同年7月に薨去しています。67歳でした。

④ この歌の作者は、大宰府の大典という役職にいる麻田連陽春です。大典という役職は、大宰府の第四等官(典)のクラスでの上席であり、正七位上相当官です。大宝令によると、大宰府四等官(しとうかん)とは、師(長官)、弐(次官)、監(判官)、典(主典)です。

⑤ 当時 送別の宴席は、席をかえ主催者もかえ行われています(だから、主要な官人は何度も宴の席に連なっています)。天平2年のこの旅人の上京に関しても別途催された送別の宴の歌が『萬葉集』巻五にあります。

 

3.類似歌の検討その2 歌

① 諸氏の2-1-572歌の訳例を示します。

漢人が 衣を染めるという 紫の色のように 心にしむばかり 君は懐かしく思われます。」(『新編日本古典文学全集6 萬葉集①』)

 「韓国の人が衣に染めるという紫の色のように、心に深くしみじみと懐かしくあなたのことが思われますよ。」(『萬葉集全歌講義』阿蘇瑞枝氏 笠間書院

② 初句の「からひと」とは、この歌の万葉仮名表記では「辛人」です。「から」というのは古代朝鮮諸国をさし、更に中国本土の唐も指す場合がありますが、ここでは、国内で染色に携わっている人の特定の技術を持っている人達をさして「からひと」と表現していると理解すべきです。既に日本に在住している人達で、大和朝廷配下の(客人扱いではない)人達ですから「漢人」などという現代語訳は不正確であろうと思います。

③ 2-1-572歌の初句~三句は、「しみて」を起こす序詞と、諸氏は説明しています。染色文化も朝鮮・大陸から伝わった文化の一つです。紫色の染料の草の栽培法と紫根染法も、朝鮮半島からの渡来の人々によって伝えられたと言われています。

 紫根染法は、繰り返し繰り返し染めることにより求める色に仕上げる、根気を要する方法です。

④ 「しみて」とは、序詞との語句との関連では、布に染料が染みて、の意であり、布に染料が染みるかのように、作者の大典麻田連陽春らの心にともに過ごしたことが満足感を与える意も盛り込まれていると思いますが、それが不明の訳例です。

⑤ また、紫の色は、当時の礼服・朝服の定めによれば、正三位の官人が用いることができる色です。大宰府においては、正三位の官人であるのは、大宰府の長官である大伴旅人一人でした。「むらさきの」という語句には、衣が紫の色であることを含意していることを理解しなければなりません。

 大宝元年(701)制の服色は、次のとおりです(養老令でも同じ)。

 親王四品以上・諸王・諸臣一位  深紫

 諸王二位以下・諸臣三位  浅紫

 諸臣四位  深緋(あけ)

諸臣五位  浅緋(あけ)

諸臣六位  深緑

諸臣七位  浅緑

諸臣八位  深縹(はなだ)

諸臣初位  浅縹(はなだ)

⑤ この歌は、『萬葉集』では「相聞」の1首と位置づけされています。大伴旅人の答礼の歌が宴席では当然披露されたのでしょうが、『萬葉集』では割愛されています。

 

4.類似歌の現代語訳(試案)

① 改めて現代語訳を試みると、つぎのとおりです。

「技術を持って韓から大和にやってきた人が衣をこの色に染めるという、その紫の礼服を着ているすばらしい方のことが、布が順々と染まっていくように私たちの心をとらえました。そのことを(お別れすると)心に深くしみじみとなつかしく感動をもって思い出すことでしょう(そのような方にお仕えできたことを)」

② 三句の「むらさきの」は、紫の礼服を着用する大伴旅人を指し、またその仕事ぶり人柄をも指しています。衣を紫色に染めるのは根気のいる仕事で、それをこなす「からひと」と同様に、否それ以上に、倦まず導き私共の仕事と日々の生活を充実させてくれた大伴旅人に、感謝をしているかに見えます。

この歌は、大宰府では、紫色の礼服を着用できるのが大伴旅人一人であるのがキーポイントになっています。

 

5.猿丸集第2歌は詞書が3-4-1歌に同じ

① 次に、猿丸集第2歌である3-4-2歌の検討です。ほとんどおなじ語句であり、異なるのは2カ所、

3-4-2歌の二句の「(ころもそむ)てふ」が類似歌では「(ころもそむ)といふ」

3-4-2歌の五句の「(おもほゆる)かな」が類似歌では「(おもほゆる)かも」

だけです。

3-4-2歌の「おもほゆるかな」は、下二段活用の動詞「おもほゆ」の連体形+助詞「かな」です。

② 「てふ」と「といふ」は、まったく同じ意味合いを持っている語句です。

「おもほゆるかな」の「かな」は、終助詞です。『例解古語辞典』では、「体言または活用語の連体形について詠嘆的に文を言いきるときに用いられる。・・・だなあ。・・・なあ。平安時代以後「かも」に代わって広く用いられている。」とあります。さらに、「願望の「もがも」や詠嘆の「も」も含めて「も」系から「な」系への交代の一環としてとらえるべき事象であると思われる。・・・「も」系の詠嘆表出機能の鮮度が落ち、代わって「な」系が進出したというふうに考えられる」と解説しています。

これに対して「かも」は、終助詞であり、「体言や体言に準ずる語句に、また活用語の連体形について文をいいきる。詠嘆をこめた疑問文をつくる。・・・かなあ。b感動文をつくる。・・・だなあ。・・・ことだなあ。」とあります。私は、2-1-572歌について、後者の意で現代語訳を試みています。

ここでの「かな」と「かも」は、少し意味が違うようです。3-4-2歌の「かな」は、「詠嘆的に言いきる」のに対して、2-1-572歌の「かも」は、「感動文をつくる」ため用いられており、歌のなかでの役割がちょっと異なるといえます。

③ この二つの歌に関しては、異なる点が別にあります。それは、「詞書が異なる」ということです。

 3-4-2歌は、『古今集』の記載のルールに従えば、何も記していないので、前の歌の詞書と同じであるので割愛した、ということです。3-4-1歌の詞書が前提で理解するようにと配列されている歌です。

④ 3-4-1歌の詞書は、つぎのようなものでした。

あひしりたるける人の、ものよりきてすげにふみをさしてこれはいかがみるといひたりけるによめる」

現代語訳(試案)はつぎの通りになりました。

「交友のあった人が、地方より上京してきて、スゲに手紙を添えて、「これをどのようにご覧になりますか」と、私に、言い掛けてきたので、詠んだ(歌)。」

 詞書にいう「スゲ」の花の色はだいだい色などもあります。

⑤ 3-4-1歌との比較は後ほどすることにして、この詞書における3-4-2歌を検討します。

 先に述べた助詞「かな」(この歌)と「かも」(類似歌)の違いを意識せざるを得ません。即ち、この歌は、詠嘆の歌として理解しました。「むらさき」で表現された人の何かに対して詠嘆的になった感情をもったので「かな」を用いている、と推測できます。

⑥ また、歌に触れられている衣を紫に染めるという技術者集団については、類似歌によってこの歌の作者の知識になったというより、当時の官人の常識であったとみてよいと思います。諸氏のいうように初句から三句が序詞であるとすると、当時の歌人にとって周知の事柄を言っている表現であったということであり、衣を紫に染めるという技術者集団に関する知識はこのことからも常識であったと判断してよいと思います。

 さらに、『萬葉集』には、紫根染法に用いる灰汁をも詠んだ歌もあり、技とも術者集団に関する知識も官人や庶民にも一般化していたとも見えます。

なお、「からひと」という表現のある歌は、三代集に見えません。

「むらさき」を言い出す(あるいは示唆する)歌で名歌が無かったのか、詠われなかったのかというと、前者であると思います。三位になる人にお祝いを言いたい人は大勢おり、また縁故を得たい人人も大勢いた官人社会であったのは、(現在の経済活動に従事している人々と同じように)間違いないと思えるからです。

 

⑦ この二点から、現代語訳を試みると、つぎのとおりとなります。

「(朝鮮半島の)韓から技術を持ってやってきた人が衣に染めるという紫の色と同じ(色の礼服を着用されている)貴方を、心に深くしみじみと思うことになるのですね。(今までのようなご交際がお願いできないと思うので。)」

この現代語訳(試案)は、ブログわかたんかこれ2017/11/9に示した訳を、更に推敲したものです。

 

6.この歌と類似歌との違い

3-4-1歌と類似歌2-1-283歌を比べると、次のように違いがありました。

① 詞書の内容が違います。

② 相手との距離感が違います。この3-4-1歌は、官位の隔てからの述懐をいうのに対して、類似歌2-1-572歌は直接の上司部下の関係が無くなることと、空間的に遠方となることからの述懐を詠っています。

③ 五句にある終助詞が異なります。この歌は、詠嘆調の「かな」、類似歌は、詞書より感動文となる「かも」となっています。

類似歌をこの歌の作者が承知していると仮定すると、三句の「むらさき」は、類似歌と同様に人を暗示している、と思えます。そのうえで、類似歌の「かも」を「かな」に替えて別の歌となり得ると判断していると見られます。類似歌と比較しても、「むらさき」で表現された人の何かに対して詠嘆的になった感情をもったので「かな」を用いている、と推測できます。

④ この結果、この歌は、相手(あひしる人)の帰京を祝うもののこれから疎遠になることを残念に思っています。類似歌は、「むらさき」で示唆している人物(大伴旅人)の昇進を祝いまた称賛し感謝をしています。

⑤ このように、この2首は、詞書に従い理解すると、それぞれの類似歌と、清濁抜きの平仮名表示ではよく似ていますが、まったく別の歌となっています。

 

7.3-4-1歌と3-4-2歌の比較検討

① 上記までは、3-4-2歌について3-4-1歌(詞書を除く)を参照せず検討してきました。この二首とそれぞれの類似歌二首とを比較検討すると、共通点があります。

② 3-4-1歌と3-3-2歌およびその類似歌2-1-284歌と2-1-572歌には、「むらさき」が詠み込まれています。

 ハギの花は赤紫色です。三位に至らない四位の礼服の色は深緋(あけ)です。

三位の礼服の色が紫です。

③ 3-4-1歌と3-4-2歌のそれぞれの作者と「あひしる」人はよく知っている者同士の間柄です。また、両歌の類似歌2-1-284歌と2-1-572歌もそれぞれの作者と作者が歌を贈った人とは、同じようによく知っている者同士の間柄です。2-1-284歌では、作者とその夫であり、2-1-572歌は、作者とその上司でした。

④ 3-4-1歌と3-4-2歌は、相手(あひしる人)を称賛する歌と疎遠になることを残念に思っている歌の組み合わせとなっており、再会の歌と疎遠の歌との組み合わせでもあります。

類似歌である2-1-284歌と2-1-572歌は、相手(作者の夫と一行)の無事を祈っている歌と大伴旅人の昇進を祝いまた称賛し感謝している歌ですが距離的には疎遠になる歌です。つまり、再会(を願っているところ)の歌と疎遠の歌との組み合わせです。

⑤ 3-4-1歌と3-4-2歌は、慎重に類似歌が選ばれている、とも言えます。

この2首が同一の作者かどうかは不明ですが、少なくとも『猿丸集』の編纂者は、類似歌をみると、作者に関係なく、一つの詞書におけるペアの歌となるよう配列しています。

⑥ さて、3-4-2歌の次の猿丸集の歌とその類似歌は、つぎのようなものです。

 

3-4-3歌 あだなりける人の、さすがにたのめつつつれなくのみありければ、うらみてよめる

   いでひとはことのみぞよき月くさのうつしごころはいろことにして

 

3-4-3歌の類似歌 1-1-711歌 題しらず    よみ人しらず

   いで人は事のみぞよき月草のうつし心はいろことにして

 

 この二つの歌も、趣旨が違う歌です。

⑧ ご覧いただきありがとうございます。

次回は、上記の歌を中心に記します。

2018/2/5  上村 朋)

 

 

 

 

わかたんかこれ  猿丸集第1歌とその類似歌

(2018/1/29) 前回「第1歌 あひしりたりける人」と題して記しました。

今回、「猿丸集第1歌とその類似歌」と題して、記します。(上村 朋)

 

1. 『猿丸集』の、第1歌 3-4-1歌

① 『猿丸集』の最初の歌と、諸氏が指摘するその類似歌を、示します。

 

3-4-1 あひしりたるける人の、ものよりきてすげにふみをさしてこれはいかがみるといひたりけるによめる

しらすげのまののはぎ原ゆくさくさきみこそ見えめまののはぎはら

 

2-1-284歌 黒人妻答歌一首 

しらすげの まののはりはら ゆくさくさ きみこそみらめ まののはりはら

 

2.類似歌が詠われるきっかけの歌

① 類似歌2-1-284歌の前に、『萬葉集』では、「高市連黒人歌二首」と題した歌2首(282~283歌)があります。

黒人が妻あてに詠った歌であり、この2首を前提に黒人妻の詠った歌が、2-1-284歌です。

少なくとも、そのように理解できるように『萬葉集』は、この3首を連続して配置しています。

それを信じて検討をするのが良い、と思いますので、この3首をあわせて検討します。

② 『新編国歌大観』より「高市連黒人歌二首」を引用します。「巻第三 雑歌」におかれています。

   

 2-1-282歌   高市連黒人歌二首 

わぎもこに ゐなのはみせつ なすきやま つののまつばら いつかしめさむ

 

2-1-283歌

いざ子ども やまとへはやく しらすげの まののはりはら たをりてゆかむ

 

『新編日本古典文学全集6 萬葉集①』では、次のように訳しています。

2-1-282歌:「妻に 猪名野は見せた 名次山や 角の松原は いつになったら見せてやれようか。」

2-1-283歌:「さあ、皆の者よ 大和へ早く 白菅の 真野の榛原の枝を 手折って帰ろう。」

 

③ この2首に詠まれている地名等は、上記の訳に従うと、

・妻に見せた場所等:ゐなの(猪名野)

・これから妻に見せたい場所等: 「なすきやま(名次山)」と「つののまつばら(角の松原)」

・妻にみせたいかどうか不明の場所等:「まののはりはら(真野の榛原)」

④ これらの地名などを、奈良や難波から近い順に西方に辿ると、

猪名野(現在の伊丹市、後ほど再説)、名次山(西宮市) 角の松原(西宮市松原町津戸・旧武庫川の河口) そして一番西方が真野の榛原(神戸市長田区) となります。

 妻には、一番難波に近い、猪名野(現在の伊丹市)を見せた、と黒人は2-1-282歌で詠いました。これから見せたいのは、猪名野の西に位置する名次山と、その名次山の西に位置する角の松原だといいました。

 これから類推すると、陸路を辿ってさらに西にある真野のはりはらを別格と黒人はしており、妻に見せる気が今のところない、と推測できます。

 海路によって海から遠望させるとすると、難波にある港を出港したら、港のある地の内陸側に位置する淀川に接すると思われる猪名野を除いて、名次山、角の松原とともに真野の榛原を見せることは容易にできるでしょうから、この2首の詠い方は陸路を想定していると思われます。

⑤ なお、真野とは、阿蘇氏によると、神戸市長田区東尻池町や西池町や真野町などの一帯を言います。

 また、猪名野とは、諸氏は、伊丹市と推定していますが、奈良時代かそれ以前淀川右岸の現在の吹田市から尼崎市に置かれた猪名県(あがた)の地域にある野原、の意であるのではないかと思います。伊丹市も該当するのではないでしょうか。堤防もなく蛇行する当時の淀川沿いの河川敷の野原を含んだ原野を指していると、思います。当時の淀川は、奈良盆地の水を集めた大和川も合流しており、今日の神崎川と大川(旧淀川)と新淀川をまたがる幅を河口としているといえます。

土屋文明氏は、猪名野に関して、「摂津河辺郡為奈野」の地名があり伊丹市付近かと指摘しています。名次山や角の松原も比定地が確定しにくい旨も指摘しています。

⑥ 黒人が、この二つの歌を詠んだ旅行の趣旨と場所とは、詞書に明示されていません。考えてみると、次のようなケースが想定できます。

・公務の旅行で、出発時に見送り等を受けて。

・公務の旅行で、出発後猪名野や真野などを通過する際。

・公務の旅行で、大和へ戻る途中、真野を通過する際。

・公務の旅行で、大和へ戻る途中、真野を間近になった際。

⑦ そして、この二つの歌を、詠んだ後、黒人は、どのようにして妻の元へこの歌を送ったのでしょうか。そして、妻の答歌をどのようにして受け取ったのでしょうか。

 

3.2-1-282歌などを詠んだとき・場所

① 歌の贈答は、恋の歌を除いても、二人の位置関係が離れている場合あるいは離れようとする場合に生じます。さらに、宴席での応酬としても、地方へ出立する際の見送りでの応酬もあります。

②  『古今和歌集』や『土佐日記』などにあるように、地方へ赴任する官人は、峠などまで見送られ、あるいは主催者を替えて何回か宴席を設けられています。

 この3首が、今信じているように一組の歌であるならば、黒人の地方への赴任にあたっての宴席での歌の可能性が一番高いのではないかと推測します。

③ そうすると、2-1-282歌は、猪名野を見せるから、淀川の渡し場まで送ってくれないか、と妻に問いかけている歌にも理解できます。今回は連れてゆけないがいつか赴任地まで連れてゆこう、と訴えている歌にも理解できます。行って来ます、と挨拶している歌にも見えます。

 2-1-283歌は、任務を終え、無事元気に帰京できる見通しが立った場所での感慨を詠っているかに見えます。この2首は、往路と復路の元気な黒人一行の姿を詠っているかに見えます。

④ これに対して2-1-284歌は、無事に任務を全うし元気に戻ってくるのを信じて、送り出しているかに見えます。地方に赴任する黒人一行を、黒人の妻は、黒人が挙げた一番西の地名等を挙げ、「そこを見て着任し、そこを見て帰任するのですね」と詠い、必ず無事な顔を見せてくださいな、といっているかに見えます。

⑤ 諸氏の言う様に黒人と妻が一緒に旅行しているならば、順に通過する土地は必ず見せることになり、「いつかしめさむ」という状況になるのは不自然です。妻は都で留守番をする前提の歌と推測できます。

 ですから、公務の旅行で、出発時に見送りにあたっての歌であり、大和にいる妻が淀川の渡船の場所まで(上司の妻と同僚の妻とともに)見送ったというよりも宴席での歌ではなかったかと、推測できます。妻の歌は、同僚か部下の代詠であったかもしれません。

 

4.3首の現代語訳(試案)

① 以上のような背景があるので、現代語訳(試案)は、次のようになります。

2-1-282歌:「妻に猪名野をみせてやった。名次山や角の松原は、いづれ教えてやろう(と言いたいので見送っておくれ。貴方を連れて次には赴任できるように今回頑張ってくるよ)」

2-1-283歌:「さあ皆の者よ、大和へ急ぎ行こう。白菅も茂る真野の榛原を手折って(任務を全うし、元気に帰任しようではないか)。」

2-1-284歌:「白菅でも有名な真野の榛原におおわれた野原を、旅の行き来に あなたこそ元気で眺めることができるでしょうね、確かに。真野の榛原におおわれた野原を(そうなることを祈っています。私は子を育てしっかり留守番をしていますから)。」

② 『新編日本古典文学全集』では、「しらすげ」を無意の枕詞としています。真野の代表的景物を取り上げて冠した枕詞としています。しらすげは、かやつり草科の多年草。葉が白色を帯びた緑色であるところからその名があると解説しています。

③ 黒人は、淀川の渡河地点の当時の淀川の対岸を西国に陸路赴任する通過地点の猪名野と認識していると思われます。

 

5.猿丸集の第1歌詞書について

① 既に指摘しました(ブログわかたんかこれ2017/11/9参照)ように、詞書の現代語訳(試案)は、つぎのとおりです。

「交友のあった人が、地方より上京してきて、スゲに手紙を添えて、「これをどのようにご覧になりますか」と、私に、言い掛けてきたので、詠んだ(歌)。」

② 詞書にいう「あひしりたりける人」の検討は、「ブログわかたんかこれ2018/1/22」を、「もの」の検討については「ブログわかたんかこれ2017/11/9」を参照してください。

「ものよりきて」は、「地方より、京に上がってきて」、の意です。

③ 詞書にいう「すげ」は、種類が多く、水辺や山野にはえている植物です。笠や蓑の材料に利用されていいます。どこにでも手に入るスゲに手紙を、交友のあった人は、作者に言い掛けたのです。スゲに寓意があると理解してしかるべきです。

 

6.猿丸集第1歌

① 二句と四句の「はぎ」は、マメ科ハギ族のなかのヤマハギ節に属する数種類を今日でもいい、ヤマハギミヤギノハギ、ニシキハギ、ツクシハギなどがあります。低木または低木状の多年草で落葉性がありますが、その花は、紅紫で、長さ1^2cmあり、多数が穂に集まって咲き、美しい植物です。秋の七草のひとつです。

② 詞書にいう「スゲ」の花の色はだいだい色などもあります。

しらすげは、かやつり草科の多年草。葉が白色を帯びた緑色であるところからその名がある。しらすげ:枕詞。真野の代表的景物を取り上げて冠した枕詞。

 

③ 作者は、類似歌に詠われている、「しらすげ」や「はりはら」の語句のほかに「ハギ」を用いて詠っています。

④ 衣服冷の規定では、礼服の色葉一位は深紫、三位以上は浅紫。四位は深緋、五位は浅緋となっています。

⑤ これらを考慮すると、次のような現代語訳(試案)が、得られます。

「しらすげも花を咲かせている真野の野原に、赤紫に咲く萩を、あなたは旅の行き来によく見えたのではないでしょうか。萬葉集の歌の真野のはりはらではなく赤紫に咲く萩の野原を。(紫衣の三位への昇進も望めるようなご活躍にお祝い申し上げます。)」([ブログわかたんかこれ2017/11/9]の(試案)の上句部分をさらに吟味しました)

 

⑥ 詞書にいう「いかがみる」という問いかけは、実際は「今回地方官を交替させられ待命を命じられた。なかなか昇進は叶わない」の趣旨であったかもしれませんが、作者は、「いやいやそんなことは」と、挨拶したのかもしれません。

⑦ 作者は、男で、地方への赴任をも期待している下級貴族と推測します。

 

7.この歌と類似歌との違い

 3-4-1歌と類似歌2-1-283歌を比べると、次のように違いがありました。

① 詞書の内容が違います。

この歌3-4-1歌は、具体に詠むこととなった事情を説明し、類似歌2-1-284歌は、採録している歌集の巻の主題以外分からりません(それ以上の説明を不要と判断した上で採録された歌となっている)。

これから同じ言葉遣いでも歌の解釈への影響があることが予想できます。

② 強調している語句が違います。

この歌は、二句と五句で「はぎはら」を繰りかえし詠い、類似歌は二句と五句で「はりはら」を繰り返しています。繰り返しているのは、強調しているのであろうから、「はぎはら」は何かを含意しています。上記のように色を示唆していました。類似歌は、「はりはら」よりも「真野」という黒人が通過するはずの地名を繰り返えしていると言えます。

③ 四句の動詞が異なります。

 この歌は、「(こそ)みえめ」であり、動詞「みゆ」(下二段)の未然形+推量の助動詞「む」の已然形です。『例解古語辞典』によれば、「みゆ」とは「a物が目にうつる。見える。b人に見えるようにする。」、の意です。

「(こそ)みえめ」は、「(はぎはらの花の色こそが)見えることでしょう」、の意となります。

 類似歌は、「みらめ」であり、動詞「みる」(上一段)の未然形+現在推量の助動詞「らむ」の已然形です。「(真野のはりはらを)今頃眺めているでしょう」、の意となります。

この歌は、自然と目に飛び込んでくるスタンスであり、類似歌は、その気なら眺められる、というスタンスです。

⑤ この結果、この歌は、相手(あひしる人)を称賛しています。類似歌は、相手(作者の夫と一行)の無事を祈っています。

 

8.猿丸集第2歌は詞書が同じ

① 猿丸集第2歌と、その類似歌は次のような歌です。詞書が違うので、第1歌とおなじように歌意も異なると予想できます。

3-4-2 <詞書なし。つまり、同上、の意。>

から人のころもそむてふむらさきのこころにしみておもほゆるかな

 

3-4-2歌の類似歌:2-1-572歌 大宰師大伴卿、大納言に任ぜられ、都に入らんとする時に、府の官人ら、卿を筑前国の蘆城(あしき)の駅家に餞する歌四首(571~574 ) 

からひとの ころもそむといふ むらさきの こころにしみて おもほゆるかも 

    右二首(572&573) 大典麻田連陽春

② ご覧いただきありがとうございます。

 次回は、『猿丸集』の第2歌に関して記します。

(2018/1/29   上村 朋)

 

 

 

 

 

わかたんかこれ 猿丸集第1歌 あひしりたりける人

(2018/1/22) 前回「猿丸集とは」と題して記しました。

今回、「第1歌 詞書とあひしりたりける人」と題して、記します。(上村 朋)

 

. 『猿丸集』の、第1 3-4-1

① 『猿丸集』は、52首ある歌集です。その最初の歌が次の歌です。

3-4-1 あひしりたるける人の、ものよりきてすげにふみをさしてこれはいかがみるといひたりけるによめる

しらすげのまののはぎ原ゆくさくさきみこそ見えめまののはぎはら

② その現代語訳(試案)は、既に示したように、次のようになります(ブログ:わかたんかこれ2017/11/9参照)

(詞書)「交友のあった人が、地方より上京してきて、スゲに手紙を添えて、「これをどのようにご覧になりますか」と、私に、言い掛けてきたので、詠んだ(歌)。」

(歌)「しらすげも花を咲かせ、立派で赤紫に咲く萩が見事な花畑となっている見事な野原を、あなたは旅の行き来によく見えたのではないでしょうか。萬葉集の歌の真野のはりはらではなく赤紫に咲く萩の野原を。(紫衣の三位への昇進も望めるようなご活躍にお祝い申し上げます。)」

 なお、歌は、『新編国歌大観』(角川書店)記載の表現のものとし、同書より、引用しています。番号を付し、「同書の巻番号―その巻での家集番号―当該歌集での番号」で表示するものとします(例えば3-4-1歌)。

③ 諸氏も指摘する3-4-1歌の類似歌(先行している歌で似ている歌)は、次の歌です。

2-1-284歌 黒人妻答歌一首 

しらすげの まののはぎ原 ゆくさくさきみこそみらめ まののはりは

④ 現代語訳は、後述します。

⑤ 歌を、清濁抜きの平仮名表記をすると、この二つの歌は、最初の文字から22文字同じであり、その後の9文字も「助動詞+地名+助詞+植物名」の順に文字が並び、その意もよく似た語句となっています。

しかし、結果として現代語訳は、大変異なることになりました。そのような歌の理解は、詞書によって導かれています。この二つの歌の詞書は大きく異なっているからです。

 今回は、その詞書に関して、検討します。

 

2.『猿丸集』詞書における、「あひしる」という表現

① 3-4-1歌の詞書は、「あひしりたりける人)ということから書き出しています。この『猿丸集』には、この「あひしる」という動詞が6首の詞書にあります。

② その詞書(主要部)はつぎのようなものです。

 

3-4-1歌 あひしりたりける人の、・・・

3-4-5歌 あひしりたりける女の・・・

3-4-18歌 あひしれりける人の、さすがにわざとしもなくてとしごろになりにけるによめる

3-4-29歌 あひしれりける女、・・・

3-4-45歌 あひしれりける人の、なくなりにけるところを見て

3-4-47歌 あひしれりける女の、・・・

 

③ このうち、「あひしる」という語句が「女」を修飾している歌が3首、「人」を修飾している歌が3首です。「人」はすべて男性(官人)を指して用いています。

④ 『猿丸集』における動詞、「あひしる」は、上記のように、具体的には「あひしれりける」あるいは「あひしりたりける」という表現が多い。これは、同時代に成立した歌集と比較するとどのような特徴があるか、即ち、『猿丸集』の編纂者の考えの一端がその表現に現われているか、を見てみたいと、思います

⑤ また、一般に、「人」は常に「男」と同義ではないのに、『猿丸集』では、同義としています。同時代に成立した歌集においてはどうなっているか、を確認し、編纂者の考えを見てみたいと、思います。

 

3.『古今和歌集』における、「あひしる」表現

①  『猿丸集』の同時代に成立した歌集の一つである『古今和歌集』では、1,100首の詞書に、「あひしる」という表現をした歌が、15首(例)あります。

 すなわち、

「あひしれりける人」が7首あります。「人」は男性を指します。

1-1-78歌 1-1-382歌 1-1-780歌 1-1-90  1-1-834歌 1-1-835  1-1-917

「あひしりて侍りける人」が4首あります。「人」は男性を指します。 

 1-1-219歌 1-1-378歌 1-1-837 1-1-862

「あひしりて侍りける人」で「ひと」が女性を指す歌が1首あります。

1-1-789歌 

「あひしれりけ)る女」が1首あります。  

 1-1-654

(女を)「あひしりて」が1首あります。

  1-1-705歌 

(人を)「あひしりて」で「人」が女性を指す歌が1首あります。

1-1-735歌 

「あひし(れりけ)る男」という表現は、ありません。

 

② この「あひしる」という動詞のある15首(例)のうちで、上記に示したように、「人」が女性を指すのが2首ありました(1-1-735歌、1-1-789歌)。

③ 『古今和歌集』の恋部の歌360(469歌~828)に絞れば、「あひしる」という動詞のある歌が、6首で、そのうち、「人」が女性を指している歌が1首あります(1-1-789歌)。

④ 『古今和歌集』では、『猿丸集』と違い、「(あひしる)人」は、女性を指す場合もあることがわかりました。

⑤ 「あひしる」という動詞は、具体には「あひしれりける」と「あひしりて侍りける」と表現される例がほとんどです。『猿丸集』と異なります。

 

4.『後撰和歌集』での「あひしる」表現

① 『猿丸集』の同時代に成立した歌集の一つである『後撰和歌集』は1425首の歌よりなります。部立別は次のとおりです。

 四季:1-2-1歌~1-2-506

 恋:1-2-507歌~1-2-1074歌 

 雑:1-2-1075歌~1-2-1303

 離別羈旅:1-2-1304歌~1-2-1367

 慶賀哀傷:1-2-1368歌~1-2-1425

② 全1425首の歌の詞書に「あひしる」の表現が、下表のように、26首(例)あります。

 

 表:『後撰和歌集』全1425首の詞書における「あひしる」等の表現のある歌 (2018/1/22現在)

表現

部立

歌番号

歌数

あひしりて侍りける人の

四季(1歌~506歌)

1-2-38, 1-2-113, 1-2-425,(男性を指す)

  3

あひしりて侍りける男の

四季(1歌~506歌)

1-2-423

  1

あひしりて侍りける女の

四季(1歌~506歌)

1-2-285,

  1

あひしりて侍りける中の

四季(1歌~506歌)

1-2-171(男女不明)

  1

あひしりて侍りける人の

恋部(507歌~1074歌)

1-2-627,  1-2-777, 1-2-833, 1-2-1059, (この4首の「人」は男性を指す

1-2-507, 1-2-510, 1-2-512, 1-2-661(この4首では女性)

 8

あひしりて侍りける男の

恋部(507歌~1074歌)

1-2-515,

 1

人の男にて侍る人をあひしりて

恋部(507歌~1074歌)

1-2-746(最初の「人」は女性、後の「人」は男性

 1

あひしりて侍りける女の(を)

恋部(507歌~1074歌)

1-2-614, 1-2-748, 1-2-844,

 3

昔あひしりて侍りける人の

雑部(1075歌~1303歌)

1-2-1291,(男性)

  1

あひしりて侍りける女の

雑部(1075歌~1303歌)

1-2-1091,

  1

あひしりて侍りける人の

離別羈旅(1304歌~1367歌)

1-2-1305, 1-2-1335,   (ともに男性:官人)

  2

あひしりて侍りける女の

離別羈旅(1304歌~1367歌)

1-2-1316,

  1

 

あひしりて侍りける女の

慶賀哀傷(1368歌~1425歌)

1-2-1400

  1

(人を)あひしりてのち

恋部(507歌~1074歌)

1-2-558(「人」は男性),

  1

1425首

 

 26

 

注1)1-2-38歌:返歌(1-2-39)の作者が男性(紀長谷雄朝臣)である。

21-2-113歌:返歌(1-2-114)の作者が男性(源清蔭朝臣)である。

31-2-171歌の作者はよみ人しらずである。

41-2-510歌:返歌(1-2-511)の作者が女性(藤原かつみ)である。

注5)1-2-507歌の作者は男性(源宗于(むねゆき)朝臣)である。

注6)1-2-661歌の作者は男性(壬生忠岑)である。

 

③ 「あひしる」の用いられ方は、『猿丸集』の「あひしりたりける(人・女・男)」という表現が1首も無く、(『古今和歌集』にもある)「あひしりて侍りける」が24首と多数を占めます。

④ 「人」に関しては、1-2-746歌に「人」が二回でてきますので、用例としては27例となります。「人」は、女性をも指して用いられています。「人」17首(例)のうち5首が女性を指します。「女」が7首(例)あります。

⑤ そのほか。『後撰和歌集』の詞書における「人」、「女」及び「男」の表現に注目すると、次の点を指摘できます。

⑥ 詞書に「女(のもと)につかはしける」という表現のある歌がいくつもあります。その「女」は、恋愛関係あるいは妻の立場にある女性あるいは相手をしてくれなくなった女性を、指しています。

⑦ 詞書に「人につかはしける」という表現の歌が3首(例)あります。

そのひとつ、1-2-338歌(作者が兼覧王)の「人」は、歌に「たちよる人あらん」とある表現から判断すると女性を指すかと思われます。しかし、四季(秋)の部の歌であり、断定ができません。

残りの1-2-577歌と1-2-580歌の「人につかはしける」の「人」は、女性を指しています。

⑧ 詞書に「・・・ほどなくあひ侍りければ」という表現のある歌が1首あります(1-2-15歌)。「間もなく夫として逢うようになったので」の意であり、ここでの「人」は男性を指しています。

⑨ 「男のもとにつかはしける」という表現の詞書があります(作者が中務の1-2-594歌ほか)。「男につかはしける」も1-1-598歌ほか数首あります。

⑩ 「女につかはしける」は多数あります。

⑪ 「人を思ひかけてつかはしける」という表現の詞書のある歌(1-2-695歌 平定文)での「人」は、相手の女性を指します。このほか「人」が(恋愛等相手の)女性を指す歌(1-2-770歌など)があります。

 

5.『拾遺和歌集』での「あひしる」表現

① 詞書に「あひしる」の表現がありませんでした。

② 「女につかはしける」 が1首(例)、「女のもとに」(つかはし)が11首(例)あります。

④ 「人」という表現は、すべて男(官人)を指して用いられています。

 

6.「あひしる」と「人」のまとめ

 「あひしる」という動詞は、三代集のうち『古今和歌集』と『後撰和歌集集』の詞書に用いられています。しかし、「あひしりて侍りける(人・女・男)」という表現が一番多く、『猿丸集』で主に表現されている「あひしりたりける(人など)」という表現が三代集にありません。『猿丸集』独自の表現といえます。

② 『古今和歌集』では、「人」が女性を指して用いられている例があります。『後撰和歌集』には、「あひしりて侍りける人」とある17首中5首において「人」は「女性」を指していました。しかし、『猿丸集』では皆無です。 

③ これから推察すると、『猿丸集』の編纂者は、「あひしる」の表現に気を配っており、「(あひしる)人」の意味は一つに限っている、と言えます。

 

7.詞書に関する検討

① 同時代の作品で、歌物語である『伊勢物語』には、「あひしる」という表現が1個所あります(笠間文庫『原文&現代語訳シリーズ 伊勢物語』(永井和子 2008/3, 創英社刊『全対訳 日本古典新書 伊勢物語』の改訂版)による)。

勅撰集の『拾遺和歌集』と同じように使用例が大変少ない作品と言えます。

 第十九段 むかし、男、宮仕へしける女の方(かた)に、御達(ごたち)なりける人をあひ知りたりける、ほどなくかれにけり。・・・

(訳)むかし、男が、宮仕えしていた女性の所で、女房だった人と親しくなったが、間もなく男は通わなくなってしまった。

② このほかに、「あひいふ」という表現が『伊勢物語』に、2個所あります。

第四十二段 むかし、男、色好みとしるしる女をあひ言へりけり。

(訳)むかし、男が、色好みと十分知りつつ、ある女と語らい合っていた。

第百三段 ・・・みこたちの使ひ給ひける人をあひいへりけり。・・・

(訳)・・・親王方がお使いになっておいでだった人と親しい間柄になってしまたのだった。・・・

なお、調査した本の底本は、学習院大学国文学研究室蔵三条西家旧蔵本(の印影本)です。室伏信助氏は、原本とその印影本や注釈書とは距離があることを指摘しています。(平成43月刊『学習院大学国語国文学会誌第45号』記載の「学習院大学蔵伝定家自筆天福本『伊勢物語』本文の様態」)

③ 「あふ」という状況を、物語では、文字数を費やし、縷々説明、状況描写、あるいは会話で表現するのが好まれている、と言えるのでしょう。

④ 3-4-1歌の詞書にある「ものよりきて」は、「地方より上京してきて」と現代語訳したところですが、ブログ「わかたんかこれ2017/11/9」に記したように、『猿丸集』では、「もの」という表現で地方を指している例がいくつもあります。三代集であれば伊勢(国)などと国名そのものの表現が用いられている例があるのに、『猿丸集』では、地方の国名は詞書に皆無です。

⑤ このほか、詞書について検討すると、作者を特定の個人と推定できる手掛かりがありません。作者名も『猿丸集』にありません。

⑥ 和歌を引用している『新編国歌大観』の第3巻は、私歌集を集めて収載している巻ですが、猿丸という名の人物が作者と仮託された歌集として、収載しています。

⑦ その第3巻の始めにある10家集は次のような家集です。4番目に収載されている『猿丸集』は、詞書のある歌の比率が大変高い歌集です。

3-1歌集 『人丸集』:全301歌の家集で、詞書が「上」64首中の21(全歌の32.8%)に、「下」237首中に68(28.7%)にある歌集です。

3-2歌集 『赤人集』:全354歌の家集で、詞書が31首にある歌集です(8.8%)

3-3歌集 『家持集』:全318歌の家集で、詞書が5首にある歌集です(1.6%)。その詞書は部立の名称とみられます(早春・夏歌・秋歌・冬歌・雑歌)。

3-4歌集 『猿丸集』:全52歌の家集で、詞書が35首にある歌集です(67.3%)

3-5歌集 『小町集』:全116歌の家集で、詞書が46首にある歌集です(39.7%)。贈答歌がある歌集です。

3-6歌集 『業平集』:全82歌の家集で、詞書が81首にある歌集です(98.8%)。歌物語的です。

3-7歌集 『遍昭集』:全34歌の家集で、詞書が30首にある歌集です(88.2%)

3-8歌集 『敏行集』:全24歌の家集で、詞書が21首にある歌集です(87.5%)。詞書に「だいしらず」が1首、「いかなりけるをりにか」が1首あります。

3-9歌集 『素性集』:全65歌の家集で、詞書が29首にある歌集です(44.6%)

3-10歌集 『興風集』:全74歌の家集で、詞書が9首にある歌集です(12.2%)。歌合、命により、という詞書であり、贈答歌がありません。

⑧ 家集記載の歌数に占める詞書のある歌数は、多い順に『業平集』『遍昭集』『敏行集』に次いで多いのが『猿丸集』です。

その『猿丸集』は、『古今和歌集』と同様に次歌が同じ詞書であれば省略して記載しているので、実質は全ての歌に詞書があります。『興風集』もそのように次歌は省略という記載方法と言えますが、詞書のある歌数の比率が30%以下と少ない『人丸集』と『赤人集』と『家持集』は、それが疑わしい。とくに『家持集』は部立の名前と見なすこともできるので、詞書が書かれていない歌ばかりの家集と言えます。

⑨ 『新編国歌大観』の第3巻の始めの10歌集を比較すると、『猿丸集』は、『業平集』などの同様に編纂者が詞書に留意した歌集である、と言えます。 

⑩ 「あひしる」や「ひと」や国名を徹底的に避けた「もの」という表現、及び詞書の省略の仕方などをみると、『猿丸集』の編纂者は、詞書の文言を、三代集の撰者らと同様、あるいはそれ以上の注意を語句に注ぎ書きつけている、と言ってよいと思います。詞書にある語句の意味を編纂者の意図に沿って理解するよう努めなければなりない、ということです。

 「あひしる」も、二つの動詞と理解としなくてよいか、検討を要するかもしれません。

⑪ ご覧いただき、ありがとうございます。

 次回は、第1歌(3-4-1歌)と類似歌の現代語訳について、改めて記します。

2018/1/22  上村 朋)

 

わかたんかそれ 初月

わかたんかそれ 初月(2018/1/18)

寒中お見舞い申し上げます。 上村朋です。

新月となりました。陰暦12月となりました。

関東は風が強いものの朝は晴れた日が続き、毎朝戸を開けると残月が目に入りました。

萬葉集の歌に、「初月」が景として詠まれている歌があり、「照る月」という表現は陰暦の冬、「初月」の見える朝の時期でも言うのだろうかと、今確認をしようとしているところです。

20181月半ば、25日頃の月は、ほのぼのと東の空が明るくなる時刻の前、藍色の空にあり、「照る月」は明るく地表を照らしはしないが、見上げれば皓皓と輝き「照る月」を実感することできました。

「初月」はどうなのか。もうすこし朝晴れてくれる日が続けばよいがと、思っています。 

2018/1/18 上村朋)

 

わかたんかこれ 猿丸集とは

2018/1/15) 今日から、『猿丸集』に関して記します。(上村 朋

今回は、「猿丸集とは」と題して、私が今理解しているところを、記します。

 

1.『猿丸集』の歌とは

① 『萬葉集』や『古今和歌集』などにもある歌を含む雑纂の歌集と見られてきているのが、『猿丸集』です。

② その一例をあげます。歌集の5番目にある歌です。

あひしりたりける女の家のまへわたるとて、くさをむすびていれたりける

   いもがかどゆきすぎかねて草むすぶかぜふきとくなあはん日までに

③ この歌は、次の歌の異体歌である、と諸氏が指摘しています。

題しらず  よみ人しらず

   いもがかど ゆきすぎかねて くさむすぶ かぜふきとくな ただにあふまでに

 『萬葉集』巻第十二の、「寄物陳思」にある歌(3070歌の一伝)です。

 阿蘇瑞枝氏の現代語訳(『萬葉集全歌講義』(笠間書店))を示すと、 

いとしいあの子の門口を通り過ぎがたい思いで、草を結んだ。風が吹いて結び目を解いたりしないでほしい。直接逢うまで。

 三句の「くさむすぶ」に関して、「草に限らず、松の枝、衣の紐を結ぶ行為は、生命の無事、長寿、無事なる再会など痛切な祈願の成就を期する呪術の一つであった。ここは、妹との逢会を願っての行為であろう。」と氏は説明しています。

また、作者について、「遠慮ぶかい、だが純粋な愛を抱いている青年のようである」と推測しています。

④ 『猿丸集』の五番目の歌そのものは、平仮名で表記すると、この萬葉集歌と五句が異なっているだけですが、その現代語訳(試案)を試みると、次のようになります。

 

(詞書)以前交際していたことのあるあの女の家の前を通り過ぎる、ということになり、草を、結んで投げ入れたり、(地面に生えている草を)蹴る(その時の気持ちを詠った歌)。

貴方の家の前を通り過ぎるのにあわせて、草を結びましたよ。出合える日までは結んだ草をほどかないで、風よ。

 

二句にある「かねて」とは、連語の「兼ねて」(それと同時に)の意です。

詞書にある「くさをむすびていれたりける」は、名詞「草」+格助詞「を」+「動詞「結ぶ」の連用形+助詞「て」+動詞「入る」の連用形+完了の助動詞「たり」の連用形+動詞「蹴る」の終止形、と理解するのが妥当です。

 

⑤ 萬葉集の作者は、逢える期待をもって詠っています『猿丸集』の五番目の歌の作者は、逢える期待のほとんどない女に未練がましく詠っています

この二つの歌は、詞書によって全然違う歌になっている、と言えます。このように、この五番目の歌は、萬葉集歌の異体歌では、ありません。

 このような技巧を凝らしているのが、『猿丸集』の歌です。

 

2.『猿丸集』と『古今和歌集』の同時代性

 昨年の、1-1-995歌のブログで述べたように、三代集と『猿丸集』は、同時代の作品です。それぞれの編纂担当者は同時代の人です。(ブログ2017/11/9参照)。

  『猿丸集』は、『新編国歌大観』(角川書店)の「解題」によると、「公任の三十六人撰の成立(1006~1009頃)以前に存在していたとみられる歌集」で、「猿丸」という人物は未詳とし、また、「前半に萬葉集の異体歌および出典不明の伝承歌を、後半に古今集の読人不知歌および萬葉集歌を収載し構成している雑纂の古歌集」と説明しています。

② 『猿丸集』の特徴を、私は、つぎのように理解しています。(ブログ2017/11/9参照)

第一 『古今和歌集』と違い、序が無い。しかし、しっかりした独自の方針に従い編纂されている。

第二 編纂担当者が、現在までのところ特定されていない。

第三 三代集と同様に詞書と一体で歌が理解できる。

第四 『新編国歌大観』によれば全部で52首の歌集である。歌そのもの(三十一文字の和歌だけ)に注目すると、類似の歌が、『萬葉集』に26首、『古今和歌集』に24首、『拾遺和歌集』に2首ある。『拾遺和歌集』の2首のうち1首は『赤人集』にもあり、もう1首は神楽歌である。

第五 各歌そのものは、類似の歌がベースにあって、創作され、この歌集に記載されていると思われる。したがって、歌そのものは類似の歌と異なる歌意を持っている。(類似の歌の異伝歌などではない)

第六 編纂されたのは、公任の三十六人撰の成立(1006~1009頃)以前である。

第七 完成した『猿丸集』を、後年書写にあたった歌人たちは、他の歌集と同様な扱いをしており、書写にあたりわざわざ詞書を書加たり添削等の操作を受けた可能性は低い

 

3.検討の前提

① 文字数や律などに決まりのあるのが、詩歌であり、和歌はその詩歌の一つです。だから、和歌の表現は伝えたい事柄に対して文字を費やすものである、という考えを前提とします。

② 昨年(2017年)のこのブログ(わかたんかこれ・・・と題しました)で検討した語句については、その結果を前提とします。その他は、必要に応じ、用いられている期間に配慮して用例より演繹することとします。

③ このブログでの指摘がすでに公表されている論文・記事等にあれば、その公表されている事がらを確認しようとしているものに相当するのがこのブログです。

④ 歌は、『新編国歌大観』(角川書店)によります。『新編国歌大観』より引用する歌には、番号を付し、「同書の巻番号―その巻での家集番号―当該歌集での番号」で表示するものとします。

例えば、『猿丸集』の五番目の歌は、「3-4-5歌」と表示します。

⑤ 『猿丸集』の歌が異体歌であるとされる所以の歌を諸氏が指摘しています。歌そのもの(三十一文字)を比較すると先行している歌がありますので、それを、(『猿丸集』歌の)類似歌、と称することとします。

 

4.これからの検討

① 各歌とその類似歌との比較を行います。類似歌の現代語訳をも試みることとします。

② この『猿丸集』の配列について、検討します。

③ この『猿丸集』はどのように当時理解されていたか、を検討します。

④ 次回から、3-4-1歌の語句よりより順次検討したい、と思います。

 御覧いただきありがとうございます。(上村朋)